スパッツとレギンス・トレンカ?

男性の「股引」・「ステテコ」と同じような感じで、女性もので
「レギンス」・「スパッツ」もわかりにくい。

正直同じものですが、「レギンス」はファッション業界が2006年ごろに流行らせた名称です。おもに腰から足首までを覆うボトムスを指しますが、スパッツとの明確な区別はありません。ただ、「スパッツ」のほうがよりぴったりと肌にフィットするため、下着としての認識が強いようですね。

「スパッツ」も下着から派生して、腰から膝下までを覆う薄手でピッチリしたボトムスはみんなまとめてスパッツと呼んでいたので、今レギンスと読んでいるものもスパッツと読んでいたようです。

ただ、今の認識からすると「レギンス」はボトムスで「スパッツ」は下着に近いものとなるようです。

そして「トレンカ」というものは何か?

「レギンス」が足首までの長さなのに対して、「トレンカ」は土踏まずに引っ掛ける部分があり、つま先とかかとは素肌になります。バレエ用のタイツがおしゃれ着に派生したってことなんでしょうが・・・

「タイツ?」
「タイツ」はつま先まであるようなボトムス。
ややこしいことです。しかし、「スパッツ」も「レギンス」もタイツの一種ということになる。

「タイツ」が足首までになり、「スパッツ」というようになり、下着がボトムスとして成長したものが「レギンス」になり、「レギンス」が進化して土踏まずに引っ掛ける部分がついて「トレンカ」が誕生したのかな?
順番はわかりませんが、いろいろとややこしいものですね。