股引き・ぱっち・すててこ

「股引き(ももひき)」とは日本の伝統的な衣類の1つのボトムスです。
下着として使われることもありましたが、江戸時代には様々な作業の時に着られている服の役割をしていました。

「パッチ」との違いがはっきりと分からないことですが、あえていうなら
関東では、「素材」で区別しています。
木綿で作られているものを「股引」と呼び、絹で作られているものを「バッチ」と呼んでいます。 
関西では「丈の長さ」で区別しています。
パッチと呼ばれるものは丈が長くできており、股引とよばれるものは丈が短くできています。

「股引」はボトムスの一種ですが、ステテコは下着ということになるでしょうか?ズボン下などと呼ばれる夏場にズボンの下に履くことで、ズボンとのベタつきを防止する役割もあります。

おおよそ大きな違いはないようですが、用途や素材・形状などによって若干の呼び名を変えているようですが地域によってもその区別が異なっている部分があります。