トレンチコート

トレンチコートは、もともと欧州大陸戦線でこう着状態の持久戦になり、

露天の塹壕生活を余儀なくされた兵士たちのためのアイディア服だった。

防水した緻密な織りの生地が使われ

背肩をケープバック(背布)で二重にし

肩にエポレット(肩章)

首元にストームストラップ(雨蓋)

アルスターカラー(折り立て襟)

前身頃は両前合わせ(ダブル)

ラグランスリーブで大きなポケット

袖先を紐で絞ることができ、ウエストには手投げ弾や水筒をぶら下げるD型のリングがある……と

極めて機能性に富んでいる。

 

トレンチコートも軍服から派生したアイテムですね。

デザインには意味があったようですが

今では特に意味がない。

しかし、このデザインでなければトレンチコートと呼ばないということだから

複雑な感じですね。