Pコート

ピーコートとは、英米ではピージャケットと呼ばれる。

下級海員の防寒上着としてオランダで発祥した、厚めの外套。

ピーコートは、15世紀のオランダの漁夫、水兵などが着ていた荒い厚手の毛織物の防寒用上着に由来する。

各国の水平、船員に取り入れられるようになり、米国では18世紀に海軍が改良して採用し、水兵に支給した。

基本的なスタイルはダブルの前打ち合わせ、前身頃の中央付近に縦に切り込んだポケット

比較的幅広のノッチドカラー(刻み目のある襟)、太股辺りまでの丈、色は濃いブルーなどが特徴。

防寒性と保温効果に優れ、シャツやセーターの上に直接羽織るために、細身に作られている。

ボタンに船の錨のマークが刻まれることが多い。

 

現代の洋服の中にはこのように軍服から派生しているものが非常に多いですね。

 

Pコートのボタンはなぜか破損が多いような気がします。

怒りマークを彫り込んであるようなデザインだからでしょうか?

前の記事

毛布