合服の存在感

10月1日の衣替えは夏服から秋物・冬物への衣替えです。

学校や・官公庁では衣替えの日にちが決まっていますが、皆様はどのような、基準で衣替えをされているのでしょうか?

一般的には温度の変化と衣替えが関係していると言われています。

だからって、気温を見ながら衣替えなんかするわけがないので、体感温度ってことになるのでしょうね。

最近では春・秋の合いもの(合服)の存在があるのか、ないのかわからない。

 

少し肌寒くなってきた頃から、着用が始まりますが、

住環境の変化や商業施設や交通機関では空調が充実しており、

さらには防寒衣類などの外套(アウター)の機能性がアップしているため、

外套の下は合服であることが多いようです。

 

反対にスプリングコートなどの薄い外套の出番が少なくなっているようです。

 

そういった環境から、防寒衣類の出番が多くなっていることもあり、

外套の汚れや傷みが年々悪化しているように感じます。

これからの季節、手放すことができない外套。

 

着用する前にお手入れとガード加工などで予防もおすすめします!

 

》》ガード加工の詳細は 》》