上巳の節句

3月3日は上巳の節句。
ひな祭りや桃の節句なんて言われていますが・・・

正式には上巳の節句。

五節句の「節」というのは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。

季節の旬の植物から生命力をもらい邪気を祓うという目的から始まりました。
この中国の暦法と、日本の農耕を行う人々の風習が合わさり、定められた日に宮中で邪気を祓う宴会が催されるようになり「節句」といわれるようになったそうです。

五節句とは、人日(じんじつ)/陰暦正月七日「七草がゆ」。
上巳(じょうし)/陰暦3月3日「桃の節句」。
端午(たんご)/陰暦5月5日「端午の節句」。
七夕(たなばた)/陰暦7月7日「七夕祭り」。
重陽(ちょうよう) /陰暦9月9日「菊の節句」。

「節句」は昔「節供」と書きました。「節」は季節の変わり目を、「供」は供え食べることを指します。
季節の食物を神にお供えし、人々もこれにあずかり、季節の変わり目に流行する病を祓うという習わし、それが節句(供)なのです。

ひなまつりは、平安時代より「上己の節句」と言って、三月の始めの己の日に紙や植物で作った人形・型代にお酒や供物を添えて川や海に流し、自分に代わって病気や災難を身替わりになってもらうためのお祓いの行事でした。
今日では女の子がやさしく、美しく、健やかに成長されますように祈り、家族の絆を深める大切な行事になりました。