皮から革へ

皮革製品は動物の皮を利用していますが
皮と革とはどのように違うかというと

皮は動物の皮そのものを指しているのに対し
革は服や靴やカバンといった製品にする前の
革の生地の状態になったものをさすようです。

皮から革になるためには

洗ったり・毛を取り除いたり・皮を舐めれかにしたり
生地の厚み調節したり・染色したり・伸ばしたり
乾燥させたり・表面を削ったり・ツヤ出し加工したり
模様をつけたり・アイロンをしたり

特に鞣しという作業が一番重要な工程だそうです。

生き物の皮を製品にするためには
大変ですね。

それ以上に生命から
服や靴やカバンなどになることを
改めて考えてしまいました。

皮革製品は製品になるのも大変ですが
通常のお洋服のように
クリーニンングできるわけではありません。

もちろんクリーニングはお預かりいたしますが
契約している皮革クリーニング専門店にて
取扱いたします。