ボタン飾り

ボタンや飾りは洗濯表示を作成するときの繊維の問題ではないために、検査、素材表示する義務がありません。

表示には書かれていないことがほとんどです。

そのためトラブルが起こることがあります。

破損・脱落・剥がれ・・・

正直にいうとなぜ、この商品にこのボタンを使用するのかな〜

なんて思うことは多々あります。

ファッション性を優先するために

後のメンテナンスを考えていないでしょうか?

私たちクリーニング業ができることとしては

はずせるものはお返しし、

預かる場合は、保護することや

はずしてクリーニンング後につけてお返しする場合もございます。

もちろんクリーニング時は様々な工夫をするのですが・・・

陶器のようなボタンがあったり

ドライクリーニングなのにドライクリーニングの溶剤で接着剤で剥がれてしまったり

防ぎきれないのが現状です。

ボタンが装飾が豊かなものは特に、ご理解いただいた上でのお預かりとなります。

クリーニング前にはご確認いただき

できれば、取り外してお預けいただくことをお勧めします。

それ以上に、お洋服をご購入される際に

今一度、その後のメンテナンスのことを考えながら

選択されることをお勧めします。

前の記事

謹賀新年