こんなボタンは注意

貝釦や、陶器のような釦は割れやすい。

光物がついた釦は接着剤でつけているため、外れやすい。

鉄製で塗装しているものは、塗装がはがれやすい。

メーカーブランド名が入った釦やロゴ要り釦は、その釦が服の価値を生んでいます。
破損や脱落の際に交換用のボタンをメーカーに依頼しても見つからないことが多々あります。

くるみ釦と呼ばれる釦はくるんでいる布が着用中の摩擦で痛んでいることが多く、破れる場合があります。

ピーコートのいかりのマークが入った釦や
ダッフルコートのトグル釦や角のような釦は、割れやすく傷つきやすいので特に注意が必要です。

まだまだ、色々なボタンがあり表現しにくいのですが
上記のボタン類は本当によく問題が起きます。

ホイルでくるんでも
ボタンカバーを巻いたとしても
ネットに入れてクリーニングしても

ボタンや飾りの
脱落・破損・損傷などは防ぎきれないのが現状です。

繰り返しお願いします。
大切な思い出の詰まったお洋服を末長く着用していただくために
クリーニングに預ける前に
上記のようなボタンは取り外していただ来ますようお願いします・